googleでSWFファイルを検索(filetype:swf)してみると

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 PingKingポッケに追加

filetype:swf を検索キーワードに加えて検索するとわかりますが、[FLASH]とサイトのタイトルの前についた検索結果がずらずらとでてきます。SWFファイルへの直リンクです。
なので、ファイルの場所はばればれです。
検索にかからないようにしたい人もいるでしょう。

検索にかからないようにするにはrobot.txtというファイルに

User-agent: *
Disallow: “swfファイルへのパスとかswfファイルの入っているフォルダのパス”

と記述したファイルをサイトのrootに置いておく。(googleだけならwebマスターのためのgoogle情報を参照 詳しくはrobot.txtで検索してみてください。)
本当はこのSWFファイルの配置してあるページが出てきてほしいと思うのだが。だいたいたがブラウザのウィンドウにフィットしてしまい元の比率より拡大されたり縮小されたり、たて横比率が変わってしまっていたり。
そのSWFファイルが配置してあるサイトにいこうと思ったらURLをドメイン名のみに打ち直すか、関連ページを検索ということをするしかないから何のコンテンツかさっぱりだしどこにそのコンテンツはあるんかいと。PDFとかと違うんだからもうチョイ今後に期待。

さて、SWFファイルはなにを基準に検索にかかってくるのか?
ここで試すとわかりますがたとえば「loading」とかを「filetype:swf」ファイルタイプ検索といっしょで検索してみると、FLASHで書き出したときにテキストが入っているものは(アウトライン化していない)そのテキストを概要としてgoogleはキャッシュしています。
そこで、たぶんですがSEO(検索エンジン最適化)テクニックとして、ステージ外に(表示されない部分に)SWFファイルの概要を記述しておけばそのテキストが引っかかってくると思う。

今検証中ですので結果が出たらまたここで発表したいと思います。 :-)

  • Both comments and trackbacks are currently closed.
  • Trackback URI:
  • Comments RSS 2.0

Comments are closed.

Templatesbrowser.com