アフィリエイトと正しいHTML文法と・・・

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 PingKingポッケに追加

アフィリエイトプログラムのバナーはタグが正しく使われていない事が多い。まちがいない。

当サイトはブログの初期仕様でもあるのだがXHTML1.0で、w3c構文チェックのバナーを張っているのもあって、HTML文法を意識したつくりをするとアフィリエイトバナーはそのままではXHTML向けには使えない。XHTML1.1に関してはiframeタグが使われているバナーでは、iframeタグは使えないので見た目きれいに作るのはかなり骨の折れることだと思う。実際挑戦はしたが途中でやめた。嫌になった。

話戻してXHTML1.0では修正が必要。
例えば
●大小が適当に打たれているタグを小文字に全て変える。
●イメージタグの最後の>の前に半角スペースと/(スラッシュ)を入れる。
●属性値は必ずダブルクォーテーションで囲む。
●さらにjavascriptを読み込むのにlanguage属性を使っていたらtypeに変えてtype=”text/javascript”とする。(バリューコマース)
●さらにさらにiframeの属性にallowTransparencyなんか使っていたら削除。(バリューコマース)
●これでもダメで最後にURLに含まれる&マークを&に変えれば終了。
●いや、、まだあった。画像にalt属性がない場合は適当に名前を付けてやる。

ここまでやってW3Cの構文チェックはOKがもらえる。
ところがクリックしてもらってもどうやらカウントはされない。つまり売上にはならない。おそらく。URLの&が原因でしょう。
linkshareはいけるっぽい。バリューコマース、amazonはダメかな。他のを試したことがある方は教えて頂きたい。
アフィリエイトのサイトには必ずHTMLソースを変更するなと書いてあると思うがリンク作成のXHTMLバージョン用もおいてほしいと思っているサイト管理者もいるということを知って欲しい。

当サイトは本気でアフィリエイトやってるわけではないんで別にいいけど、本気でやっている方はHTML文法無視でいっといてください!まねしないでください。
アフィリエイトと正しいHTML文法と・・・どっちをとるか?

下記はとりあえずW3C文法チェックではOKもらえる。

サンプルのソース(amazon)

サンプルのソース(バリューコマース)

  • Both comments and trackbacks are currently closed.
  • Trackback URI:
  • Comments RSS 2.0

One Response to “アフィリエイトと正しいHTML文法と・・・”

  1. シリコンカフェ@森川眞行 Says:

    はじめまして!ぐぐっていたら、辿りつきました。実は私も同じことで今日一日Lintをしていたのですけど、同じことを感じました。
    記事を拝見すると、100点取れてもクリックカウントされない…とあるので、ちょっと不安です。とりあえず&は外したので、ちょっとテストしてみて、報告します。ちなみに私もバリュクリです。
    アマゾンはピンポイントリンクなんで、&はありませんでした。